馬プラセンタと豚プラセンタの違い/効果・品質を徹底比較

プラセンタの原料には主に、が使われています。

日本で主流となっているのは豚or馬プラセンタです。
多いのは豚プラセンタですね。
豚プラセンタは、人に近いプラセンタを持っており、コストも安いので最も多くの人に愛飲されています。


一方、馬プラセンタエキス高級品です。

豚プラセンタと比べると250アミノ酸が含まれている
と言われており、
馬にしかない必須アミノ酸6種類もあるそうです。
※価格は高いものの高品質なプラセンタを抽出できるため、近年では馬プラセンタサプリも増えているようです。

そもそも何故、馬プラセンタは価格が高くなるのでしょうか?

その理由は1回の出産で生まれる頭数にあります。
豚は1度の出産で10頭前後出産するのに対して馬は1頭しか出産しません。


そのため複数頭出産する豚は、胎盤の栄養が減りやすく、
逆に馬は1頭しか生まないので胎盤に厚みがあり、有効成分がたっぷりと含まれています。

胎盤から抽出するプラセンタは馬が最も品質が高く栄養素も高いということですね。