ビタミンで体調が変化?/サプリ中止の時期!副作用の対処法

サプリメントは水で飲むとダメ?/飲み合わせの良い飲み物は?
サプリメントを飲み始めると、
副作用として今までになかった症状が肌に出る場合があります。
症状によっては、すぐにサプリメントの服用を止めたほうがいいかも知れません



主な症状とその対策法をご紹介!

手が黄色っぽくなり、頭が重たく全身がだるく感じる
ベータカロテンビタミンAの摂取による影響である可能性が高いです。
この場合、サプリメントの摂取を一時中止して様子を診てください。
症状が改善されているようなら少しずつ服用してもよいようです。

尿が黄色く、濃くなった気がする
ビタミンB2の摂取の影響です。
尿が黄色くなるのはビタミンB2の特徴で他のビタミンでは色は付きません。
体調に変化が無いのなら全く心配はいりません。
今まで通りサプリを服用してください。

飲み始めたら発疹が出てきた
サプリメントが身体に合わない可能性があります。
すぐに中止するようにしてください。
アレルギーによる発疹の可能性もあり、
しばらく経っても発疹がひかない場合は病院に行くことをオススメします。
異常な発疹数や痒みがあるときは、すぐに病院の治療を受けてください。



以上がサプリメント服用による主な症状になります。

もちろん他にも色々な症状が現れる場合もあります。
体調がおかしいと感じたら、かかりつけのお医者さんに相談することをオススメします。
『病院から処方されている薬との相性』・『今まで知らなかったアレルギー』など
深刻な症状になることもあります。

他にも良いサプリメントの見分け方について解説しています。


クラチャイダムクィーン公式サイトをチェックする