プラセンタ注射とプラセンタサプリの違い/本当に良いのはどっち?

プラセンタの様々な摂取方法/話題のプラセンタ注射はどう?
プラセンタ注射とプラセンタサプリの違いとは、
まずプラセンタの原料の違いにあります。


プラセンタ注射の場合、原料がヒトの胎盤から抽出したプラセンタを使用します。
一方サプリメントの場合、ウマ・ヒツジ・ブタなどから抽出したプラセンタを使用します。(※牛も多くありましたが、狂牛病事件のことがあり牛プラセンタは無くなりました。


人プラセンタと動物プラセンタにはあまり違いはなく、
豊富なアミノ酸タンパク質ミネラルビタミンなどがあります。

ただ注射で取り入れる人プラセンタには成長因子(グロースファクター)というものがあり、
口から摂り入れるプラセンタサプリの場合溶けて分解されてしまうため成長因子(グロースファクター)を摂り入れることが難しいとされています。

プラセンタ注射は美容目的以外にも医療で肝疾患・更年期障害の治療に利用されています。
つまりプラセンタ注射は医療の分野でもあるということになりますね。

「今すぐシワを消したい」「シワやたるみなどがコンプレックスで外に出れない」という人はプラセンタ注射のほうが良いかも知れません。
ですが実年齢より若く見られたい」「シワやたるみなどがを薄く、解消したい」という人にはプラセンタサプリメントがオススメです。
複合サプリとは?/本当に危険なサプリメントの飲み合わせ